第25回日本医療ガス学会学術大会・総会を2022年10月15日(土)に、千葉県木更津市にて開催いたします。今回のテーマは、『パルスオキシメーターを超えて:組織低酸素の診断と改善』とさせていただきました。
パルスオキシメーターは、医療のあらゆる領域で必須のモニター機器となっております。現在、全世界を悩ませているCOVID-19による死亡者は、このパルスオキシメーターが活用できなかったら、もっと多かったに違いないと考えるのは私だけではないと思います。残念ながらパルスオキシメーターの発明者である青柳卓雄先生は、2020年4月18日にご逝去されました。世界中でパルスオキシメーターが活用されている現状を見ながらも、このコロナ禍にあって探求心の強い青柳先生は更なる医療の発展につながる機器開発を常にお考えになっていたのではないかと思います。
われわれ人間は酸素というガスを吸入し組織に届け、命を維持し人間らしい活動を続けております。その酸素運搬に関わるプロセスをモニターし、かつ制御、治療できるようになることは、医療の大きな目標です。われわれには、青柳先生の発明をさらに発展させることが求められております。

今回の学会では、まずはパルスオキシメーター開発とその発展に関わる史実を、最近、日本麻酔科学会機関誌であるJournal of Anesthesiaに詳しく記録された宮坂勝之先生からお話しいただきます(参考文献)。さらに、生体内の酸素運搬や生体内ガスに関わる最近のトピックを取り上げて、パルスオキシメーター発明を超える人類への貢献の可能性について勉強する共催セミナーを企画しました。ポスター演題を10演題程度募集します。企業の研究者や多職種からの演題申し込みを歓迎します。会場参加者全員がポスター発表に参加し発表者との議論ができるようにポスター閲覧時間を設定し、参加者に最優秀演題を選んでいただくように企画します。同じ会場内には企業展示ブースを設け、参加者が最新の製品情報を得やすいように、企業参加者の情報交換をしやすい配置としました。
学会場にお越しできない方にも、特別講演や共済セミナーを聴講できるようにWEBでの同時開催としました。

学会場は、東京湾アクアラインの千葉県側起点にある『龍宮城スパホテル三日月』(http://www.mikazuki.co.jp/ryugu/)といたしました。高速バスを利用し、羽田空港から約30分、東京駅や横浜駅からも約40分と、都心からのアクセスが非常に良いです。東京湾に隣接する学会場からは、10月半ばには、葛飾北斎の「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」とほぼ同じ構図の富士山に出会えるチャンスも多くなります。多少ご遠方の方は、むしろ宿泊されることもお勧めします。全室オーシャンビューのお部屋は、ご家族はもちろん、同僚とも共有できる大きさです。スパ施設で学会前後にリラックスもできます。

プログラムの詳細は逐次更新いたします。関連ページをご覧ください。皆さんにとって有意義な学会となるように準備を進めたいと考えております。リラックスしながら議論を深めるため、学会でのネクタイ着用などは不要といたします。龍宮城でお会いできるのを楽しみにしております。

2021年12月14日
第25回日本医療ガス学会 会長
千葉大学大学院医学研究院麻酔科学
磯野 史朗

参考文献:Tribute to Dr. Takuo Aoyagi, inventor of pulse oximetry. Miyasaka K, Shelley K, Takahashi S, Kubota H, Ito K, Yoshiya I, Yamanishi A, Cooper JB, Steward DJ, Nishida H, Kiani J, Ogino H, Sata Y, Kopotic RJ, Jenkin K, Hannenberg A, Gawande A. J Anesth. 2021 Oct;35(5):671-709. doi: 10.1007/s00540-021-02967-z.


HP表紙の図について

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、HP表紙は、青柳卓雄先生が、1974年4月26日の日本生体医工学会で発表された時の学会抄録集に掲載された図を引用したものです(青柳卓雄 他.医用電子と生体工学 1974;12(Suppl):90-1)。
900mμの光波長成分の心拍変動(脈波:上段)と酸素飽和度と反比例関係にあるΦの実測値です。Φは過呼吸後の息こらえによって徐々に増加しているのが明確に記録されている。世界で初めて報告されたヒトにおける非侵襲的動脈血酸素飽和度の連続測定記録です。